本文へスキップ

コミック10000冊読み放題!スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯!!

電話でのお問い合わせは営業時間内にお願いしますTEL.042-522-3800

〒190-0011 東京都立川市高松町3−13−2

メディアMEDIA

立川Walker

店内イメージ

地元自慢ランキングBEST50の中で名だたる有名店を抑え、21位にランクイン^^
風変わりな銭湯として、単独の店舗紹介では一番良い順位にしていただきました・・・ありがとうございます。


Tokyo Walker

料理イメージ

テーマは銭湯ルネッサンス
立川湯屋敷 梅の湯は入って楽しい「エンタメ銭湯」として、ご紹介を頂きました。
「サブカル銭湯」というまた新しいご紹介をいただきました、ありがとうございます。


ぴあ 日帰り温泉&スーパー銭湯

食材イメージ

温泉、そしてスーパー銭湯に混ざって、ほんの数軒だけ銭湯が紹介されているこちらの雑誌に、立川湯屋敷 梅の湯も仲間入りさせていただきました。
ちょっぴり照れくさい^^とても、励みになります、ありがとうございました。


読売新聞

店内イメージ

多摩版のお湯巡りという企画のとりとしてご紹介を頂きました。
「漫画喫茶がライバル」というキャッチフレーズをつけていただきました、ありがとうございます。


アニメ映画 「聖おにいさん」公式ガイドブック

料理イメージ

立川が舞台の「聖おにいさん」、映画化にあたりつくられた公式ガイドブックの中で、立川駅周辺のスポットとして、紹介して頂きました。
昭和記念公園、鬼公園などと同じような写真入りの扱いで、実に恐縮です。ありがとうございます。


散歩の達人 

店内イメージ

なんと「今月の本トピ」という、書店や本にまつわる施設などが紹介されるページで、立川湯屋敷 梅の湯の紹介をしていただきました、「湯が先か、マンガが先か。それが問題だ。」
棚がとても美しいと本の専門家らしいお褒めの言葉を頂き、マニア魂が震えました、ありがとうございます。


読売新聞

料理イメージ

「まちのコンシェルジェ」のコーナーで「風呂を楽しむ」というテーマで温泉のご主人、風呂桶屋のご主人と、3人並んで、ご紹介を頂きました。長くその道に携わる方々と肩を並べてご紹介いただき、嬉し恥ずかしです、ありがとうございます。


みんなの中央線案内

食材イメージ

多摩地区の中央線の20駅を紹介する雑誌の中で、「何時間でも楽しめる充実設備の銭湯」として、ご紹介をいただきました、中央線は、子供のころからなじみの路線ですから、その名のついた雑誌に掲載して頂けて、本当にうれしかったです、ありがとうございます。


Tokyo Walker

店内イメージ

エレキコミックさんの連載企画「勝手に東京湯シュラン」でご紹介頂きました。
「風呂に入るのを忘れそう、革新的な漫画銭湯」というタイトルをいただきました、ありがとうございます


読売新聞

料理イメージ

銭湯奮闘ということで、営業時間外のロビー開放の記事を掲載して頂きました。毎月開催される「HOTサロン」は今現在も継続中!


店舗イメージ

shop info.店舗情報

立川湯屋敷 梅の湯
年中無休(正月を除く)
15:00~24:00(23:45給湯停止)

〒190-0011
東京都立川市高松町3−13−2
TEL.042-522-3800
FAX.042-522-3800